知ってますか?太陽光発電で副収入!

太陽光発電投資の概要を知ろう

太陽光発電の存在は誰もが知っていることですが、それが投資対象になることは意外と知られていないかも知れません。現在は太陽光発電によって生み出した電力を電力会社に売ることで利益を生み出すことが出来るんです。電力会社が必ず買取ってくれるわけではないんでしょう?と思われる人がいるかも知れませんが心配無用です。国の取り決めにより、太陽光発電によって生み出した電力は、必ず電力会社が買取ってくれます。その期間は何と最長20年間。国がここまで長期に渡ってリターンを約束してくれる投資は他に無いと言っても過言ではありません。気になる利回りは年間5~15%。国が保証してくれる安定投資先といえば他に国債がありますが、その利回りは今や1%にも及びません。そのことを考えると、圧倒的な高利回りと言えます。

太陽光発電投資は2種類あります

国が安定収益を約束してくれるということで人気となっている太陽光発電投資は、現物投資とファンドへの出資の2種類に分けられます。現物投資の特徴は非常に利回りが高いこと。日照時間によっては、実質利回りが年10%を越えることも夢ではありません。ただし、現物投資は一通りの発電設備を購入する必要がありますから、最低でも数千万円の費用が必要となります。そのため、個人にとっては若干敷居が高くなっています。
もうひとつはファンドに出資するという方法です。100万円以下の少額からでも気軽に参加できます。また、現物投資において求められる設備のメンテナンスなどの雑務とも無縁です。ただしファンド運用会社の取り分があるため、利回りは5~8%程度。現物投資に比べると若干劣りますが、個人にとっては十分旨みがある投資と言えるでしょう。