誰でもできる!太陽光発電の電気を買うことでエコでお得な投資!

太陽光発電の総出力量とは?

太陽光発電を投資として活用する場合、総出力量が10kWを超えるメガソーラーの場合に限り、全量買い取り制度が適用される事になります。
10kW以下の場合には、余剰電力買い取りになるため、発電したすべての電気を売る事は出来ません。
例えば、一般的な住宅の屋根に設置するソーラーパネルの総出力は10kW以下になるので、住居内で使う電力の余りを売電に回す事になるわけです。
投資として行うためには全量買い取り制度を利用出来る環境が必要になります。
例えば、大きな土地を購入する方法、所有しているビルやアパートの屋根などに発電設備を導入するなど、太陽光発電の投資には高額な設備等の費用が必要になるわけです。
しかし、太陽光発電の投資法には設備投資などが不要な方法もあります。

高額な設備投資を行わない方法とは?

太陽光発電には地球に優しいエコな発電、環境保護に貢献出来る、電気代の節約が出来るなどの魅力やメリットが多数あります。
投資の中でもリスクが少ないので興味関心を抱いている人も多いのではないでしょうか。
土地や発電システムを導入しなくても投資を行えるのが太陽光投資ファンドです。
太陽光発電システムは太陽熱などによりソーラーパネルの出力は年々低下する、ソーラーパネルが故障する事もあるなどメンテナンスが必須です。
太陽光投資ファンドの場合は、サービスを提供する企業がメンテナンスを行ってくれるので、投資を行う側はメンテナンス費用などを掛けずに投資が出来るようになります。
ソーラーパネルを取り付ける場所、設備投資に掛かる費用すべて、投資サービスを提供する側が受け持ってくれるので、少ない費用で投資を行えます。